爪水虫 指

爪水虫は指の水虫から進行してしまうことがある!

水虫は白癬菌というカビの一種に感染することで発症します。
感染する場所によって、呼び名が変わり、陰部に感染したものは「インキン」「タムシ」などと呼ばれます。

 

いずれもかゆみを伴って、症状が治まるまでに根気よく塗り薬など使う必要があって厄介なものです。
カビの一種ですから、養分になるものと湿度と温度などの条件が揃うとより悪化してしまいます。

 

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」

 

足に水虫ができやすいのもこのためで、靴を長く履いている人は蒸れやすいですし、ストッキングにパンプスといったスタイルが多い女性も蒸れやすく、水虫になりやすいと言えます。

 

足の指に感染した白癬菌は、爪の中に広がっていきます。
そうすると爪水虫になります。
爪が変形したり、変色したりしてかゆみも出てきます。

 

爪水虫の厄介なところは、塗り薬で水虫治療をしても、爪には浸透しにくく効きにくいというところです。
例えば、塗り薬をマメに塗って足の指の水虫が改善したとしても、爪水虫にかかった爪の中には白癬菌が残っています。

 

表面上良くなったように見えても、爪の中の白癬菌は繰り返し水虫を発症させます。
指に水虫ができたら爪への進行を食い止めたいものです。

 

もし、爪水虫が出来てしまったら、爪部分に塗り薬が浸透しやすいように、爪をヤスリなどで削って添付するようにするとか、塗り薬を塗ったあとに、絆創膏やラップで覆って浸透を助けるように工夫するとよいでしょう。

 

できれば、皮膚科を受診して、内服薬も併せて使うとよいでしょう。
そうすれば、真菌に対しての対策がより念入りにできます。

 

それから、家族に移してしまうとお互いに感染させ合うことになりますから、協力して水虫とさよなら出来るように対策したいものです。

 

バスマットやスリッパなどの共有を避けることや、家の中を裸足で歩き回らないといったことも気をつけるべきです。
裸足で家のフローリングに、水虫菌のスタンプを押して歩いているとしたら、怖いですよね。

 

指にできた水虫から爪水虫にならないように、家族で気をつけていきたいですね。

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」の詳細はこちらをクリック↓
水虫革命