爪水虫 爪 割れる

爪が割れる!コレって爪水虫?

足の爪が白く濁ってポロポロしています。
汚くて嫌だなと思っていたら割れるようになってしましました。
もしかしてこれって、爪水虫かしら?

 

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」

 

そんな経験はありませんか?
普通、足の指の水虫は聞いたことがありますが、爪にも水虫ができるんですよ。
しかも、指の水虫よりもたちが悪いんですよ。

 

水虫は白癬菌というカビの一種に感染して起こるのですが、足の指や皮膚の場合は、塗り薬が感染している部分に届きやすいですが、爪水虫の場合は爪が邪魔してしまうんです。

 

爪水虫を観察すると、どうも感染している部分は、爪の表面ではなくてちょっと内側部分ですよね。
足を洗ったあとに、薬を塗っても表面にしか塗れないのでなかなか効いてくれないといったこともおおいんです。

 

内側から、爪の健康が損なわれていくので、だんだん爪そのものが弱くなっていきます。
そのせいで割れてしまうことも多いんですね。

 

ただ、爪の内側に薬を浸透させるためには、利用できるかもしれません。
清潔にしたあとで、少しヤスリでこするなどして爪自体を薄くしておいて薬を塗ってラップでくるむとか、絆創膏で押さえるとかしておくといいようです。

 

爪水虫は、しっかりケアしておかないと、足指の水虫を繰り返させますし、いいことはありません。
特に女性場合は、サンダルなどで指を見せることもありますし、ペデュキアなどすることもありますから、足の爪をキレイにケアしておきたいものです。

 

爪水虫になったら、爪は変色するし、変形するし、割れるし、指の水虫は出るしでいいことなしですね。
何とかして感染を防ぎたいものです。
予防が一番ですが、もし水虫になってしまったら、早い段階で適切なケアをすることをおすすめします。

 

水虫だなんて信じたくないという人もいるかもしれませんが、皮が剥けてかゆみがあるといった場合は、すぐにケアしたほうがいいですね。
もし、家族に水虫の人がいるなら、可能性大です。

 

面倒がっているうちに、爪が割れてしまう爪水虫になってしまったら大変ですからね。

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」の詳細はこちらをクリック↓
水虫革命