水虫 オロナイン

痒くてたまらない水虫を治したい!オロナインでも大丈夫?

水虫の原因はご存知でしょうか。
白癬菌というカビの一種が原因の皮膚疾患なのです。

 

菌が原因ですから殺菌効果のあるケアがもっとも効果的です。
そういったことを考えるとオロナインの成分には、皮膚を清潔に保つとか、保湿とかの効果があるので、擦り傷や切り傷の治りを良くすることが期待できます。

 

ところが、この白癬菌を死滅させるほどの効果があるかと言われると即効性は期待できなのが本当のところでしょう。
傷ついた皮膚を健康に導くといった効果はありそうなので、お風呂などで清潔に洗ったあとに傷んだ皮膚のケアとしてオロナインを塗っておくことを習慣化すること良いでしょう。

 

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」

 

オロナインの効能を見てみると、確かに水虫は含まれていますね。
即効性があるとは言えないけれども、何もしないよりは広がるのを抑える程度の効果があるということでしょう。

 

水虫はかゆみがおさまったからといって手入れを辞めると、勢いがぶり返してくるし根治が難しいとも言われています。
ひどくなくても、清潔にしてオロナインを塗るか、殺菌剤を塗るなどしたほうが良いようですね。

 

即効性を求めるなら、ラノコラゾールなどの殺菌成分が入っているものを使うとよいでしょう。
市販薬にも配合されてはいますが、しつこい水虫には皮膚科での診断と処方が効果的ですね。
とにかく洗って乾かして薬を塗るという事を根気よく続けることが大切なようです。

 

民間療法を見ても、殺菌作用が高いものを使って患部を洗浄する方法が主流です。
効果があるとされているものには、木酢・酢・ティーツリーオイル・重曹などがあります。
重曹の場合はペースト状に練ったものを患部にこすりつけて洗い流して、オロナインなど軟膏を塗っておくという使われ方のようです。

 

ロウソクを使う民間療法もあるようです。
ロウの温度が60度くらいなので、ちょうどやけどをしないギリギリの高音で、白癬菌を弱らせるという理由なんです。

 

でも、こじらせるとかゆみがひどくなって苦労しますから、日常的にお手入れをしていくことがおすすめですね。

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」の詳細はこちらをクリック↓
水虫革命