水虫 検査

水虫検査の概要

水虫だと思っていたら、ほかの皮膚病だったということもあります。
水虫の治療の前には、本当に水虫なのかどうかを検査する必要があります。
水虫かどうかは、皮膚科で顕微鏡検査を行うことで簡単にわかります。

 

水虫菌すなわち白癬菌の顕微鏡検査はKOH(カセイカリ鏡検法)検査と呼ばれています。
KOHとは水酸化カリウムのこと。

 

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」

 

KOH検査の際、まず患部から少しだけ角質層を削り取ります。痛みはほとんどありません。
その角質層を、プレパラートと呼ばれるスライドガラスに乗せ、KOHを少量注入します。
すると、強いアルカリ性であるカセイカリが角質層を溶かし、アルカリでは溶けない白癬菌だけが残るというわけです。

 

白癬菌を顕微鏡で見ると、糸状の細長い菌糸が伸びていて、ところどころに竹の節のような隔壁が見えます。これが数珠状に連結していますが、繁殖するときは、それぞれが離れて周囲に飛び散ることで増えていきます。

 

この検査は10分ほどで終わります。
ただし、KOH検査では白癬菌がいるかどうかはわかりますが、白癬菌の種類までは特定できません。
菌の種類は培養しなければわからないのです。

 

培養検査は数週間かかり、検査を実施する皮膚科も限られてしまうのが現状です。
培養検査は、治療をしているのになかなか効果が出ないときに、病原菌の確定と薬への耐性を調べるために行われることがあります。

 

検査によって、水虫菌がいることがわかったら、治療を行います。
水虫は、完治させるまでに大変時間がかかります。
そのため途中で病院に行かなくなったり、薬をやめてしまう人がいますが、中途半端な治療では、却って水虫を悪化させることがあります。
水虫の治療は、根気よく続けることが肝心です。

 

白癬菌の治療には、外用薬と内服薬を併用します。
外用薬は液剤、クリーム剤、軟膏などがあります。
カサカサした水虫には液剤かクリーム剤、ジュクジュクした水虫には軟膏が向いています。

 

内服には、イトリゾールという抗真菌薬を使います。
塗り薬が届かない皮膚の奥や内蔵への菌の感染に効果があります。

 

水虫を本気で治すためには、医師の指導による治療以外にも、日常のケアが重要です。
足をいつも清潔に保ち、患部を蒸らさないようにしなくてはいけません。
水虫菌は高温多湿が大好きです。患部も部屋も風通しをよくして、掃除もこまめにしましょう。

 

そして何より、完治するまで続ける意志が大切です。

しつこい水虫を10日で元から解決「水虫革命」の詳細はこちらをクリック↓
水虫革命